ベライゾンジャパン新社長に平手智行氏--元日本IBM執行役員

ZDNet Japan Staff 2012年02月09日 10時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベライゾンジャパン合同会社は2月9日、執行役員社長 職務執行者に平手智行氏が就任したことを発表した。日本IBMに25年在籍した平手氏は、流通や通信などのセールス事業を統括していた。

 平手氏は1987年に日本IBMに入社。以後、アジア太平洋地区経営企画(2000年)、米IBM本社の戦略部門(2002年)を経て、2006年に執行役員に就任。国内では主に流通、通信、公益、サービス事業を統括していた。2011年12月31日付で同社執行役員 経営企画・マーケティング&コミュニケーション担当を退任していた。

 ベライゾンジャパン合同会社は、2007年9月に米Verizonの日本法人4社が合併して発足した企業。現在は主に音声やインターネット、データネットワークの設計、構築、設置、運用、保守、コンサルティングを手がけている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめのホワイトペーパー

ZDNet Japanクイックポール
「iOS 8」で使いたい、注目している新機能はどれですか。1つ教えて下さい。
過去の記事

2014年8月

カテゴリーランキング

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。

ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

ZDNet Japan Headline

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信