←・→のキーで記事を見る

NTT Com、ブラウザ間で通信可能なWebRTCのプラットフォームとソースコードを公開

山田竜司 (編集部) 2013年12月05日 17時02分

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は12月5日、ブラウザ間で通信が可能な「WebRTC」(Web Real Time Communications)向けのプラットフォーム「SkyWay」を無償で提供し、ソフト開発支援サービス「GitHub」上でSkyWayのライブラリソースコードを公開すると発表した。

 SkyWayのプラットフォームやライブラリの利用により、WebRTC技術を利用したウェブアプリ(音声や映像を使ってコミュニケーションできるアプリンなど)の開発が容易になるという。

 WebRTCはブラウザの機能だけでリアルタイム通信ができる技術。通信する相手の端末やアプリケーションに依存しないほか、他サービスとの連携が容易であるなどの特徴がある。

 SkyWayは、NTT Comがアプリ仲介サーバやそのWebAPIなどをNTT Comが提供するアプリ開発プラットフォーム。ネットワークやサーバ構築、プログラミングなどの技術がなくとも開発に着手できる点を特徴とするという。

 NTT Comは、フィールドトライアルとしてSkyWayをウェブ開発者に無償で公開する。また、このトライアルを元に機能を改善し、正式なサービスとして提供する予定。

 WebRTCは広義のHTML5の1つとして、World Wide Web Consortium(W3C)とThe Internet Engineering Task Force(IETF)などの組織で標準化が進められている。


SkyWayを活用したアプリケーションの例

あなたにおすすめのホワイトペーパー

ZDNet Japan Headline

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet JapanスペシャルPR

企画特集一覧へ

ZDNet Japanクイックポール
情報システム部門の2014年度IT投資予算の動向について、昨年からどのような変化があったか教えて下さい。
過去の記事

2014年4月

カテゴリーランキング
新着企業動向

企業動向一覧へ

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。

ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。