編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」
HTML5 Experts.jp

HTML5が引き寄せる近未来を、9つの「○○ウェブ」で理解する。(前編)

白石俊平(オープンウェブ・テクノロジー代表)

2013-08-13 17:08

 その広がりと深まりゆえに、現在のウェブは非常に分かりづらいものになっています。そこでこの記事では9つの「○○ウェブ」という切り口から、「今のウェブ技術では何ができるのか」についてにフォーカスして語ってみたいと思います。適宜デモへのリンクを挟みながら、ウェブのポテンシャルを紹介することに注力します。

 ここ数年で急速に進化を遂げたHTML5は、ウェブのあり方を大きく変えつつあります。

 とはいえ今はまだ、「ウェブが大きく変わった」と言える段階ではないように思います。筆者はちょくちょく、色々な所でHTML5の概要についての講演をさせていただいていますが、そうした経験から言うと、HTML5のポテンシャルはまだ多くの人に知られておらず、十分にその力が活用されていないように思えます。 

 その理由は、「HTML5の全体像が見えにくい」ことにあるのではないか、と考えています。 HTML5をはじめとしたウェブ標準は、「比較的細かい粒度の仕様書が山ほどある」という状態で、その全てを把握するのは技術者であっても至難の業です。またそれらの仕様は、全てのブラウザで利用できるというわけでもありません。その結果、「使えるのかどうかわからないけど、なんかスゴイ機能が山ほどあるらしい」という、巨大なブラックボックスのような印象を抱いている方がたくさんいらっしゃるように感じます(そのおかげで、ぼくなんかにもまだ講演のご依頼があったりするわけですが……)。

 そこでこの記事では、「今のウェブ技術では何ができるのか」についてフォーカスして語ってみたいと思います。適宜デモへのリンクを挟みながら、ウェブのポテンシャルを紹介するのに注力します。プログラムコードや仕様の解説があるわけではないので、すでにHTML5について知識をお持ちのエンジニアにとっては少し物足りない内容かもしれませんが、どうかご容赦ください。

 そしてウェブ技術は今や巨大で、その全てをたった一回の記事で紹介するのは現実的ではありません。 そこでこの記事では、「9つの『○○ウェブ』」という切り口から、近未来のウェブの形に迫ってみたいと思います。

  • グラフィカルウェブ・・・ウェブは、以前より高度なグラフィック操作が可能になっています。
  • マルチメディアウェブ・・・現在のウェブでは、動画や音声などのマルチメディアをプラグインなしで利用可能です。
  • オフラインウェブ・・・ウェブアプリはオフラインでも利用可能なように開発することができます。
  • ハイパフォーマンスウェブ・・・ウェブアプリのパフォーマンスは日々向上を続けています。
  • プラットフォームとしてのウェブ・・・ウェブは、OSレベルのプラットフォームとして利用されつつあります。
  • レスポンシブウェブ・・・スクリーンサイズやメディアの種類などに合わせて、ウェブ文書の見栄えを動的に変更できます。
  • セマンティックウェブ・・・より豊富なセマンティクスやメタデータにより、ウェブを「データベース」として扱いやすくなります。
  • リアルタイムウェブ・・・リアルタイム性の高いウェブアプリをより開発しやすくなります。
  • コンポーネント化するウェブ・・・再利用可能なUIコンポーネントを集めてウェブアプリを作ることが可能になります。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]