編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

次世代HTML「HTML5」に対応したパーサ「html5lib 0.10」リリース

原井彰弘

2007-10-11 22:01

 10月9日、Web Hypertext Application Technology Working Group(WHATWG)は、次世代のHTML仕様として策定中の「HTML5」に対応したパーサ「html5lib 0.10」をリリースした。

 HTML5は、Apple、Mozilla、Operaを中心とするブラウザベンダーやウェブ開発者のコミュニティ「WHATWG」で策定中の、次世代のHTML仕様。ウェブアプリケーションの開発を容易に行えるようにすることを目的として仕様が練られており、コンテキストメニューやインラインのポップアップウィンドウを記述することが可能になっている。

 html5libはそのHTML5のパーサ。RubyとPythonのバージョンが用意されており、HTMLドキュメントのパース機能のほか、文字エンコーディングの検出機能、構文ツリーのフィルタリングと直列化機能などを備えている。また、多くのウェブブラウザと同じように、妥当でないHTMLのパースもある程度行えるようになっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]