トレンドマイクロ、四半期で過去最高の売上高--MS参入は脅威ではない

井上隆行(CNET Japan編集部) 2005年02月04日 22時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロは2月4日、2004年12月期連結決算と今後の事業展開について発表した。

 通期の売上高はエンタープライズ分野が好調で、620億4900万円と前期比29%増加した。営業利益は260億7800万円と同72%増加した。

 併せて発表された2004年第4四半期(10〜12月)決算は、売上高が177億3500万円と前年同期比32%増加して、四半期では過去最高を記録した。売上原価が減少したことなどから、営業利益は78億8000万円と同50%増加と大幅に伸びた。その結果、営業利益率は44%で、売上高と同様に過去最高だった。

 2005年の戦略としてエバ・チェン代表取締役兼CEOは、「新製品の発売やオペレーションの効率化、パートナー企業との連携によってエンタープライズ分野を強化する」と語った。トレンドマイクロは、シスコシステムズの自己防衛型ネットワーク構想「Network Admission Control」(NAC)に対応した「ウイルスバスター・コーポレートエディション」を2004年9月に発売している。2005年は、このNAC対応ソリューションの展開をさらに本格化させていく構えだ。

右より、トレンドマイクロ エバ・チェンCEO、マヘンドラ・ネギCFO、大三川彰彦執行役員 日本代表

 この一方で、マイクロソフトが1月6日にウイルス駆除ツールを無償配布すると発表したが、これについて同CEOは「マイクロソフトの参入は脅威ではない。トレンドマイクロは適切な価格で多機能な商品を出して対抗する。マイクロソフトはユーティリティ・ソフトウェアと位置づけているが、トレンドマイクロはセキュリティ・サービスを展開している」と自信を見せた。競合するであろう同社のコンシューマ向け製品の売上高は、全体の2割程度となっている。

 こうしたことを踏まえ、2005年第1四半期決算の予想も発表された。コンシューマ製品の成長鈍化により、売上高は前年同期比20%増加の163億円と伸び悩む見込み。また、業容の拡大から従業員数やマーケティング費用の増加が予想されるため、販売管理費は直前四半期の91億9600万円に対して92億円程度と同額を予想しているが、売上高に占める販管比率が52%から56%程度へと増える。その結果、直前四半期に大きく伸びた営業利益は、前年同期比21%増加の62億円と伸びが鈍化する。そして、過去最高となった営業利益率も44%から38%へ減少する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化