NTTドコモ北海道とワイズノット、OSSベースのネットショップ開設パッケージ

ニューズフロント 2007年03月06日 17時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモ北海道とワイズノットは3月6日、オンラインショップ開設に必要なサーバ準備、ネットワーク構築、各種初期設定といったサービスを一括提供するパッケージ製品を発表した。NTTドコモのサーバ「MMQUBE3」をベースにオープンソースソフト(OSS)を利用して、オンラインショップのシステム開発などを行う。

 同製品を利用すると、既存のデザインテンプレートを使って短期間でオンラインショップを開設できるという。また、顧客の要望に応じて、デザイナーがウェブサイトのイメージなどを提案する。NTTドコモ北海道らは、「独自にシステム開発する場合と比べて半額程度のコストで、専門的な技術知識がなくても簡単に導入できる」としている。

 標準的な機能に加え、注文/発送状況、売り上げランキング、購買履歴などが確認可能な各種マーケティング支援機能を備える。PC向けだけでなく、携帯電話向けシステムも提供する。

 サービスは税込み価格67万2000円の「エコノミータイプ」、99万7500円の「標準タイプ」、161万7000円の「フルパック」の3種類を用意する。オプションサービスとして、「携帯電話全キャリア対応作業」(13万1250円)、「SSL設定作業」(2万7300円)、「サーバ証明書登録代行」(1万3125円)、「ストレージバックアップ」(23万3100円)がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?