日立ビジネスとGMO-HS、モバイルワーク/テレワーク事業で業務提携

ニューズフロント 2007年04月19日 18時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立ビジネスソリューションとGMOホスティング&セキュリティ(GMO-HS)は4月19日、中小企業やSOHOを対象にしたモバイルワーク/テレワーク(遠隔勤務)市場の開拓に向けて業務提携すると発表した。第1弾として日立ビジネスのテレワーク用パッケージ「お手軽リモートアクセス」をGMO-HSのホスティングサービス「ラピッドサイト」のブランドで販売する。

 お手軽リモートアクセスでは、ADSLなどのインターネット接続環境を通じ、外出先や自宅から社内のPCに接続し、業務を行える。日立製作所のシンクライアント製品「セキュリティPC」に専用接続サービスを組み合わせて提供する。社内にあるほかのPCやネットワーク、セキュリティ関連の設備に影響を与えず、個人単位で導入できるという。

 GMO-HSでは現在、中小企業を中心に14万の顧客を抱える。今回はモバイルワーク/テレワーク分野で実績を持つ日立ビジネスの製品やサービスを取り扱うことで、既存顧客基盤を通じて新市場の開拓を図れると判断した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!