ALSI、世界8言語のOSに対応した最新の情報漏えい防止ソリューション

WebBCN (BCN) 2007年05月14日 11時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アルプス システム インテグレーション(ALSI、大喜多晃社長)は5月10日、 情報漏えい防止ソリューション「DocumentSecurity ver3.5」を6月1日に発売 すると発表した。価格は50クライアントで183万7500円から。企業、官公庁、 自治体などを対象に、初年度100万ライセンスの販売を目指す。

 「DocumentSecurity ver3.5」は、日本語のほか、英語、中国語(繁体・簡 体)、韓国語、ドイツ語、フランス語、チェコ語の7か国(8言語)のOSに対応。 グローバルな環境で情報漏えいを防止し、セキュリティポリシーを統一できる。 ドキュメントは暗号化するため、海外拠点間で安全なデータ共有ができる。

 海外拠点のクライアント端末の一括管理、拠点別のシステム構築、運用、管 理もできる。利用する国の言語で作成されたドキュメントも保護が可能で、世 界中でのドキュメント利用状況を把握できる。

 海外の製造拠点や開発拠点を設立している大企業などでは、海外の拠点でも 日本と同様の情報漏えい防止対策が求められる。従来は、日本と海外で使用す る製品に違いがあることなどから、日本からの集中管理が難しかった。そのた め、海外にセキュリティホールができたり、企業のシステム管理者の負担が大 きくなるという課題があった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?