テンプレートエンジン:JavaScript版ERB、Embedded JavaScript

大野晋一(編集部) 2007年06月07日 22時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェブアプリケーションのインタフェース記述では、デザインとロジックの分離目的でテンプレートエンジンといわれる技術がよく使われる。PHPにおけるSmartyやJavaのVelocity、RubyのERBが代表的だ。これをJavaScriptに移植したEmbedded JavaScript(EJS)が5日、公開された。

 EJSではHTML中に”[%=”と”%]”で囲まれた変数を埋め込み、このHTMLをプリプロセッサに渡すと、変数が実際の値に置き換えられる。配列から値を取り出しながら処理を繰り返すといたことも可能だ。

 EJSをつかうと、動的な文書生成などこれまでサーバサイドで行ってきたことをクライアントサイドで処理可能となる。同様のライブラリとしてAjax Pagesがあり、こちらではデモとしてブログも公開されているのでなにができるのかがわかりやすいだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから