マーズフラッグ、サイト内検索ASP「MARS FINDER」に新機能

目黒譲二 2007年10月02日 17時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マーズフラッグは10月2日、新機能「インテリ・アドバイザー」を追加したサイト内検索ASPサービス「MARS FINDER MF-Enterprise」が、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のウェブサイトに導入されたと発表した。

 インテリ・アドバイザーは、サイト内検索が行われたときに検索キーワードとウェブ文書をリアルタイムにクラスタリング解析し、前後の文脈を理解した知的な絞込みキーワードを示唆する機能。

 誰かが過去に検索したキーワードだけを示すのではなく、ウェブサイトで実際に使用されている言葉を提示するため、必ず検索結果が表示され、サイト内検索ユーザーとコンテンツ制作者のコミュニケーションギャップを確実に埋めることができるという。

 また、最小限の労力で最良の検索結果を導くため、ローマ字かな漢字変換システムを新たに開発・搭載し、かな漢字変換を行う前のかなやローマ字の時点でキーワード提示を得ることができるようになっており、サイト内検索における情報への到達度を大きく改善できるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!