FreeBSD 6.2-RELEASEのapache22にmod_proxyを設定したい

OKWave 2007年11月16日 16時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
apache22でのmod_proxy.soのインストール方法

FreeBSD 6.2-RELEASEのapache22にmod_proxyを設定しようと
したのですが、libexec/apache22/mod_proxy.soがないため、
下記方法で、apache22を再インストールしたのですが、
やはりファイルがありませんした。
手順的に間違っていたりする箇所がありますでしょうか?
ご存知の方がおりましたら、教えてください。


# cd /usr/ports/?www/apache22/?
# make show-options
# make clean
# make deinstall
# make WITH_PROXY_MODULES=yes
# make reinstall

良回答

ports collection を更新しましたか? もしそうならば、少し前に OPTIONS 対応へ切り替わった際にカテゴリを指定するやり方は無効になっています。

/usr/ports/UPDATING より抜粋:


20070918:
AFFECTS: users of ?www/apache22?
AUTHOR: clement@FreeBSD.org

By popular request, OPTIONS support has been added. When enabled
(default), these knobs are ignored:
* WITH__MODULES
* WITHOUT__MODULES
* WITH_CUSTOM_
* WITH_MODULES
* WITHOUT_MODULES
* WITH_STATIC_MODULES
However, you can disable OPTIONS by defining WITHOUT_APACHE_OPTIONS.

ということなので、
新たに make config で OPTIONS を指定し直すか、
WITHOUT_APACHE_OPTIONS を定義して以前のやり方を通すか
すればよいでしょう。
http://www.freshports.org/www/apache22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから