サイファーゲートとマイクロソフト、データベースセキュリティソリューションを共同で展開

目黒譲二 2008年01月18日 18時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイファーゲートとマイクロソフトは1月17日、大規模システムにおいて求められるデータベースセキュリティソリューションのガイドライン策定に共同で取り組むと発表した。

 協業の第一歩として、マイクロソフトが提供する「SQL Server」のアクセス管理機能およびログレポーティング機能と、サイファーゲートが提供するデータベース暗号化製品「eCipherGate」を組み合わせたソリューションを展開する。

 具体的には、1月から3月にかけて、東京と大阪で共催セミナーを開催し、データベースセキュリティガイドラインおよび連携ソリューションの訴求を行う。

 また、両社共同で、サイファーゲートのデータベース暗号化の実装ノウハウを活用し、SQL Serverを販売するパートナー企業に対して技術支援を展開するほか、SQL Severの暗号化を検討しているエンドユーザーおよびパートナー企業に対して、技術教育サービスと導入コンサルティングサービスを提供するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから