Metasploitがバージョン3.1をリリース -- Windows GUIを改善しiPhoneをサポート

文:Larry Dignan(ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年01月29日 15時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Metasploit Projectが同プロジェクトの脆弱性実証コード開発および攻撃フレームワークのバージョン3.1をリリースした。大きな追加機能には、Windows用インターフェースの改善とiPhoneのサポートがある。

 MetasploitはH D Moore氏が考案したものであり、攻撃方法をまとめたオープンソースのツールだ。Metasploit 3.1のリリースを発表するブログの記事でMoore氏は、複数の研究者がMetasploitにコードを提供してくれたと述べている。

 Metasploit 3.1の重要な機能は次の通り。

  • グラフィカルユーザーインターフェース、Windowsプラットフォームのフルサポート、265の遠隔脆弱性実証モジュールを含む450以上のモジュール。
  • 多くの新しい脆弱性実証コード。Moore氏は、「3.1でリリースされた実証コードで注目すべきは、totoによって書かれたNovell Netwareの未パッチのカーネルランドの脆弱性実証コード、ローカルの無線空間を不正なフレームで満たし、幅広い無線機器を利用不能にする一連の802.11混乱モジュール、BorlandのInterBase製品ラインをターゲットにした多くの脆弱性実証コードだ」と記している。
  • 「Hacking the iPhone」の活動からのコード。

 他には次のようなリンクを参照するといいだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから