2007年国内ビジネスアウトソーシング市場は前年比5.6%増の8810億円--IDC Japan

奥山順子 2008年04月15日 18時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは4月15日、国内ビジネスアウトソーシング市場規模予測を発表し た。

 発表によると、人事、カスタマーケア、財務/経理、調達/購買業務分野にお ける2007年の国内ビジネスアウトソーシング市場規模は、間接業務や定型/労働集約 的業務の改善を目的とする需要の高まりから、前年比5.6%増の8810億円となったこ とが分かった。

 2007〜2012年の国内ビジネスアウトソーシング市場は人事およびカスタマーケ ア分野で成長が鈍化するものの、財務/経理分野では債権管理やコンプライアンス対 応など付加価値の高いサービス開発が進んでいることから、年間平均成長率(CAGR) は4.8%、2010年には1兆円を突破し、2012年には1兆1114億円に達する見込み。

 同社のITサービスリサーチマネージャーの松本聡氏は「サービスベンダーは収 益性向上に向け、コンサルティングによる複合業務型サービス開発や、事業規模の拡 大、ビジネスモデルの変革といった戦略強化が重要である」と分析している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!