「SoftEther VPN 2.0 β2」がリリース、物理ネットワークとのブリッジ接続が可能に

2005年02月24日 17時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 筑波大学発ベンチャーのソフトイーサは2月24日、仮想イーサネットソフトウェア「SoftEther VPN 2.0 β2」をリリースしたと発表した。新しいバージョンでは、仮想LANと物理ネットワークのブリッジ接続が可能になっている。

 SoftEtherは、インターネットなどの公衆ネットワーク上で暗号化通信を使い仮想的なプライベートネットワークを作るソフトウェア。 情報処理推進機構(IPA)の2002年度未踏ソフトウェア創造事業に認定され、三菱マテリアル、筑波大学などの協力を受けて開発が進められている。

 SoftEther VPN 2.0 では前バージョンの機能に加え、セキュリティ面が強化されたほか、今度のリリースでは、仮想LANと物理的ネットワークを接続するブリッジ機能が実装された。この機能により、同ソフトの仮想イーサネット上にあるハブと、外部の物理的なLANとをカスケード接続することが可能になる。

ソフトイーサ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから