第4四半期のサーバ市場、サーバ1台当たりの売上が増加傾向に

Dawn Kawamoto(CNET News.com) 2005年02月28日 16時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 調査会社IDCが米国時間25日に発表した2004年第4四半期の調査結果によると、企業がサーバ1台当たりに支出する金額が増加傾向にあるという。IDCではこの傾向について、企業が自社インフラに戦略的に投資していることの表れであると見ている。

 第4四半期における全世界のサーバ売上高は、前年同期比5.1%増の144億ドルだった。出荷台数は前年同期比15.7%増の180万台だった。2003年第4四半期に前年同期比23%の成長を記録したことから、2004年第4四半期の出荷台数の成長は緩やかといえる、とEastwoodは述べる。

 「第4四半期には、これまでとは異なる製品が市場に投入された。傾向として、多機能なものが目立った」とIDCのエンタープライズサーバ調査担当バイスプレジデントMatt Eastwoodは述べている。「企業は、一時しのぎでサーバを設置するのではなく、戦略的な投資を行うようになってきている」(Eastwood)

 第4四半期の数値は、ここしばらく顕著だった「必要最低限」のサーバを購入するというアプローチを企業が捨てつつあることを示唆している。

 Linuxサーバの売上高と出荷台数は、UnixやWindowsと比較して、ともに最も高い成長率を示した。第4四半期にLinuxサーバの売上高は、前年同期比35.6%増の13億ドルとなり、サーバ市場全体の10%近くに達した。Linuxサーバの出荷台数は前年同期より29.1%増加し、32万6000台となった。

 Unixサーバの売上高は前年同期比2.7%増の52億ドルと、ぱっとしない結果に終わった。Windowsサーバは同15.5%増の46億ドルだった。

 企業別では、IBMが売上高で首位の座を堅持した。同レポートによると、IBMの第4四半期の売上高は前年同期比6.5%増の55億ドルだったという。また同社の市場シェアは、前年同期の37.7%から38.2%へと拡大している。

 Hewlett-Packard(HP)は市場シェア25.9%を獲得し、2位の座を守った。3位のSun Microsystemsはシェアを9.4%に落としており、シェア9%のDellに追い上げられている。

 出荷台数ベースでは、HPが引き続き1位の座を維持し、市場シェア31%を獲得した。2位はDellの21%で、3位はIBMの19%。HP、Dell、IBMの3社が同四半期にシェアを伸ばしたのに対し、Sunをはじめとする他社はシェアを落としている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化