アダルトコンテンツ削除ツールを装う「Babaワーム」出現

Dan Ilett(ZDNet UK) 2005年01月21日 11時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイルス対策ベンダーの発表によると、ユーザーのPCにアダルトコンテンツが保存されているという偽の情報を流すワームが電子メールを介して広がっているという。

 このワームは「Baba-C」と呼ばれ、電子メールを介して広がる。Sophosが米国時間18日に発表した勧告では、Baba-Cワームは、「Windows Evidence Checkerが、あなたのコンピュータにアダルトコンテンツが保存されているのを発見しました」というメッセージを送りつけてくるという。電子メールに添付されている「Evidence Cleaner」というプログラムを利用することで、PC内のアダルトコンテンツを削除できるというのだが、これは全くのでたらめだ。このプログラムを動作させると、悪質なコードが実行され、ハッカーがコンピュータのデータにアクセス可能になるのである。

 SophosのシニアテクノロジーコンサルタントGraham Cluleyは、「だれもがインターネット上にあふれるアダルトコンテンツを警戒しており、自分のPCをそうしたコンテンツから守りたいと考えている。だが一方で、多くのユーザーが、インターネットをアダルトサイトの閲覧に利用している。いずれにしろ、PCにポルノ画像などの痕跡が残ってしまうのは願い下げという人がほとんどなので、このワームを受信した場合、電子メールの指示に従ってしまう人も少なくない。Baba-Cワームの手口は、実に陰湿だといえる」と話している。

 Baba-Cワームを含む電子メールは、「重要!あなたのコンピュータにアダルトコンテンツが見つかりました!」というタイトルが付けられているという。また、メッセージの内容は、次のようなものだ。

 「Windows Evidence Checkerが、あなたのコンピュータにアダルトコンテンツが保存されているのを発見しました。Evidence Cleanerサービスを利用すれば、(あなたがアダルトコンテンツを閲覧した際に残してしまった)痕跡を消し去ることができます。Evidence Cleanerを実行するには、添付されたショートカットをクリックしてください。このEvidence Cleanerの使用期限は、7日後までとなっています。今すぐ無料登録を行ってください。より詳しい内容については、添付のマニュアルをお読みください」

 20日朝の時点では、Baba-Cワームの発見数はまだそれほど多くないと、Sophosは発表している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化