MySQLを標的にするワームが出現--米セキュリティ組織が警告

Robert Lemos (CNET News.com) 2005年01月28日 12時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 管理者が安易に設定したパスワードを足がかりにして、データベースシステムに感染するワームが出現した。

 この悪質なプログラムは「MySQL bot」、もしくは実行ファイルの名称をとって「SpoolCLL」と呼ばれている。Internet Storm Centerが米国時間27日に発表した報告によると、ワームの標的はMicrosoft Windowsオペレーティングシステム(OS)と、オープンソースデータベースのMySQLが稼動するコンピュータだという。また、被害を受けたコンピュータはすでに8000台を上回る可能性があると、Internet Storm Centerはいう。同センターは、ネットワーク上の脅威を監視する組織。

 ワームは、システム管理者が設定しがちな安易なパスワードを推測して、データベースマシンにアクセスするための突破口を開く。次に、MySQLの脆弱性を悪用して「ボット」と呼ばれるプログラムを実行し、システムの管理権限を掌握する。

 Internet Storm Centerの報告書には、「ボットはパスワードの膨大なリストを持っており、そこから力業で正解を見つけ出している」と記載されている。

 データベースソフトウェアを実行しているWindowsシステムに感染することから、このワームのプログラムは2年近く前にまん延したSlammerワームと類似している。だが、SpoolCLLの場合は、パスワードさえ慎重に設定していればシステムが侵されることはないと、Internet Storm Centerは分析する。

 MySQLデータベースは、LinuxなどのオープンソースOSとともにインストールされていることが多い。すなわち、インターネットに接続されているコンピュータのうち、このワームの被害に遭うのはほんの少数ということだ。

 Internet Storm Centerによれば、ワームに感染したコンピュータは任意のInternet Relay Chat(IRC)サーバに接続を試みて、新たな標的を探し出そうとするという。調査では、IRCサーバに接続を試みたホストは8500台程度あることが判明している。このことから、かなりの台数のコンピュータが、すでにワームに侵されていることが推測される。

 一方、セキュリティベンダーLURHQのシニアリサーチャーで、Internet Storm Centerの調査にも関わっているJoe Stewartは、「これ以外にも、このワームの感染方法は存在すると考えている。8500台のコンピュータすべてが、こうした手法でワームに感染したとは断定できない」と述べる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化