IBM、「Millipede」のプロトタイプを発表--1平方インチ当たり1TBの情報を記録

Dan Ilett(ZDNet UK) 2005年03月15日 13時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独ハノーバー発--IBMは先週、1平方インチ当たり1テラビット以上のデータ密度を実現可能な記憶装置のプロトタイプをCeBitで発表した。

 IBMによると、今回発表されたMEMS(micro-electrical-mechanical system)のプロトタイプは、DVD25枚分の情報を切手1枚分のサイズに記録できる密度をもつという。

 スイスのチューリッヒにあるIBM研究所では、今回発表したデバイスを「Millipede」(ヤスデの意)と呼んでいる。この名称は、MEMSが、薄いポリマー膜にビットを表す「穴」を開けるためのアーム型装置を何千も持っていることに由来する。Millipedeではこのアーム型装置を使用しながら、ポリマー膜に直径約10ナノメートルの穴を開けることで、データを記録する。これは、原理的にはコンピュータ草創期の「パンチカード」という古いデータ処理技術と同様だが、Millipedeではデータの消去と上書きができるとIBMは語っている。

 「素晴らしいのは、1つのMillipedeで、60万枚分のデジタルカメラ画像を切手大のスペースで記録できる点だ。小型デバイスでデータを大量に保存するため方法としては、新しくかつ現実的だ」(IBM広報)

 Millipedeは、6.4mm四方の範囲のなかに4000以上のアームを備える。情報の買い込みはアーム型装置の先端部を加熱して、ビットのパターンをポリマーに型押しすることで行われる。

 IBMは2002年にMillipedeの取り組みを発表している。また、Hewlett-Packard(HP)も、データを大量に保存できる極小メモリーチップを開発中である。HPは先週、CeBitにおいて、ポリマーとアームの動きを写したビデオ顕微鏡を使いながら、チップ構造に関するデモを行った。

 IBMは、同技術の用途として、デジタルカメラや携帯電話、USBメモリなどのモバイル機器を挙げている。しかし、Millipedeはまだ研究段階にあり、利用可能になるのは少なくとも2年後であろう。

 「消費者が利用可能になるのはまだ先の話で、2〜3年の内に市場に出す計画は無い」(IBM)。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化