アップル、カナダのソフトウェアベンダーを買収

Ina Fried (CNET News.com) 2005年03月23日 17時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple Computerは米国時間22日、カナダの小規模ベンダーSchemaSoftを買収したことを認めた。SchemaSoftは、特定フォーマットのファイルを異なるフォーマットに変換するソフトウェアを提供する企業。

 Appleは、CNET News.comに宛てた声明文の中で、「AppleはSchemaSoftの資産を買収した。SchemaSoftは、デジタル情報を扱った作業を容易にするソフトウェアコンポーネントの開発ベンダーだ」と述べた。Appleは、SchemaSoftの技術を今後の製品のなかで利用していく計画だと述べたが、その詳細については明らかにされていない。

 SchemaSoftのウェブサイトによると、同社の開発するツールはQuark、Adobe SystemsのPDF(Portable Document Format)、Microsoft Officeをはじめとする様々なフォーマットの文書からデータを抽出する機能を備えるという。また、同社のツールを利用して、抽出した情報をこれらのデータフォーマットや、HTML、XMLに変換することも可能だという。

 オフィス製品群「iWork」で既にこのような機能を提供するAppleにとって、SchemaSoftのツールはさらなるメリットをもたらすと思われる。Microsoft Officeの対抗製品であるiWorkには、MicrosoftのPowerPointと互換性のあるプレゼンテーションソフトのKeynoteや、ワードプロセッサソフトのPagesなどが含まれている。

 SchemaSoftのウェブサイトによると、Appleは以前から同社の顧客だったという。この他にも、Microsoft、Adobe、Corelなどの有名な企業が同社顧客として名を連ねている。

 Appleは数年前にいくつかの企業を買収しているが、ここ最近は買収活動を控え気味だった。同社は2002年に、ドイツの音楽制作ソフトウェアメーカーEmagicやPrismo Graphics、Silicon Grailを買収している。

 SchemaSoftのウェブサイトによると、同社の従業員は約40人程度という。AppleはSchemaSoftの従業員のうち何人の雇用を維持するのか、また、Appleに雇用されたSchemaSoftの従業員は引き続きバンクーバーのオフィスに勤務するのか、などに関して明らかにしていない。

 AppleがSchemaSoftを買収するという情報は、MacファンサイトのThinkSecretによって最初に取り上げられた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化