アップル、カナダのソフトウェアベンダーを買収

Ina Fried (CNET News.com) 2005年03月23日 17時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple Computerは米国時間22日、カナダの小規模ベンダーSchemaSoftを買収したことを認めた。SchemaSoftは、特定フォーマットのファイルを異なるフォーマットに変換するソフトウェアを提供する企業。

 Appleは、CNET News.comに宛てた声明文の中で、「AppleはSchemaSoftの資産を買収した。SchemaSoftは、デジタル情報を扱った作業を容易にするソフトウェアコンポーネントの開発ベンダーだ」と述べた。Appleは、SchemaSoftの技術を今後の製品のなかで利用していく計画だと述べたが、その詳細については明らかにされていない。

 SchemaSoftのウェブサイトによると、同社の開発するツールはQuark、Adobe SystemsのPDF(Portable Document Format)、Microsoft Officeをはじめとする様々なフォーマットの文書からデータを抽出する機能を備えるという。また、同社のツールを利用して、抽出した情報をこれらのデータフォーマットや、HTML、XMLに変換することも可能だという。

 オフィス製品群「iWork」で既にこのような機能を提供するAppleにとって、SchemaSoftのツールはさらなるメリットをもたらすと思われる。Microsoft Officeの対抗製品であるiWorkには、MicrosoftのPowerPointと互換性のあるプレゼンテーションソフトのKeynoteや、ワードプロセッサソフトのPagesなどが含まれている。

 SchemaSoftのウェブサイトによると、Appleは以前から同社の顧客だったという。この他にも、Microsoft、Adobe、Corelなどの有名な企業が同社顧客として名を連ねている。

 Appleは数年前にいくつかの企業を買収しているが、ここ最近は買収活動を控え気味だった。同社は2002年に、ドイツの音楽制作ソフトウェアメーカーEmagicやPrismo Graphics、Silicon Grailを買収している。

 SchemaSoftのウェブサイトによると、同社の従業員は約40人程度という。AppleはSchemaSoftの従業員のうち何人の雇用を維持するのか、また、Appleに雇用されたSchemaSoftの従業員は引き続きバンクーバーのオフィスに勤務するのか、などに関して明らかにしていない。

 AppleがSchemaSoftを買収するという情報は、MacファンサイトのThinkSecretによって最初に取り上げられた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR