リレーショナルデータベース市場、回復基調鮮明に--米IDC

Martin LaMonica(CNET News.com) 2005年03月08日 19時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新たに発表された調査結果によると、企業ユーザーは、バックエンドのビジネスソフトウェアにより多くの投資を行っているようだ。

 IDCが年に1度行うRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)市場の調査の暫定的な結果が発表なったが、それによると2004年には同市場の売り上げが11.6%上昇して149億ドルになったという。ただし、この数字はドル安の影響で水増しされている。

 「全体のトレンドが好調なことに疑問の余地はない」と、IDCのアナリストCarl Olofsonは声明のなかで述べている。「だが、過去1年のドル安を考慮に入れると、それほど劇的に状況が改善したわけでもないことがわかる」(Olofson)

 リレーショナルデータベースは、大多数のビジネスアプリケーションにとって重要な役目を果たし、情報の保存やトランザクション処理を行うもの。この市場はOracle、IBM、Microsoftの3社が支配しており、IDCによれば、これら3社のシェアはRDBMSのライセンスとサービスに支払われた金額全体の3分の2以上を占めているという。

 3社の市場シェアにおける順位は2003年から変化しておらず、Oracleが再びトップの座に着いたと、IDCでは述べている。

 IDCのデータによれば、Oracleのシェアは全体の41.3%を占め、前年よりもわずかに上昇したという。またIBMのシェアは30.6%で、IDCが示した2003年のデータよりもわずかに低下している。さらに、Microsoftのシェアは13.4%まで増加し、(前年と比較して)ほぼ11%の伸び幅になった。

 Sybaseは、他社のどこよりも成長のペースが鈍化している。NCRは、特定データ解析システム向けの専門化されたデータベースを構築している。両社とも、市場シェアは3.1%だった。

 2004年は、データベースのライセンスおよびサービスへの投資が連続上昇した2年目の年にあたる。市場全体のサイズは2001年から2002年にかけて約2%減少したと、IDCは述べている。

 Olofsonは、来年にもマイクロソフトがすでに多くの顧客を抱えるSMB(中小企業向け市場)での競争が激しくなるだろうと予想する。またIDCでは、すべてのデータベースベンダーは、オープンソースのデータベース企業らの潜在的な脅威に対して警戒する必要が出てくるとコメントしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化