2004年国内パソコン出荷実績--台数は増え、金額は減少

井上隆行(CNET Japan編集部) 2005年02月09日 21時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MM総研は2月9日、2004年の国内パソコン出荷実績を調査した結果を発表した。

 出荷台数は前年から4.2%増えて1249万台、出荷金額は同1.9%減の1兆7360億円となり、依然として金額減、台数増の傾向が続いている。

 台数のメーカーシェアは、1位がNEC、2位が富士通、3位がソニーと交代したデルとなった。1位と2位は前年と変わらないが、共にわずかにシェアを落としている。3位のデルは前年比20.7%と大きく伸びた。世界市場でデルと争うHPは、同45.5%増と高成長で7位となった。

 また、レノボとのPC事業再編に伴い、日本IBMの10-12月期出荷動向に注目が集まっていたが、前年比で微増と大きな影響は見られなかった。

 タイプ別では、テレビの録画再生機能を搭載したデスクトップPCが個人向けに人気となり、デスクトップが7.7%増の585万台となった。ノートPCは同1.3%増の664万台で、A4型ノートが伸び悩む一方、モバイル用のB5型ノートが好調だった。

 2005年の見通しとしてMM総研は、ここ2年販売の原動力となっていた企業向け製品のリプレースが一巡するため、3.3%増の1290万台と緩やかな成長にとどまるとした。市場でのメーカー間の争いは一段と厳しくなると予想されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR