Soberワームに、P・ヒルトンのセクシー画像をかたる新亜種登場

Dan Ilett(ZDNet UK) 2005年02月24日 11時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイルス対策の専門家らは米国時間23日、 ヒルトンホテルグループの令嬢Paris Hiltonのセクシー画像が見られると書かれた電子メールワームが感染を広げていると警告した。

 Sophosの発表によると、このマスメール型ワーム「Sober.K」は、現在出回っているウイルスの中で3番目に多く見かけられるものだという。また、これは過去24時間に見つかった全ウイルスの10%を占めるという。

 「これはSoberワームの最新亜種で、電子メールの添付ファイルを不用意に開くユーザーを窮地に陥れる可能性がある」と、SophosのシニアテクノロジーコンサルタントGraham Cluleyは述べている。

 Cluleyは、「ウイルスのまん延についてはこれまで何度も報道されているのだから、見知らぬ相手からの電子メールの添付ファイルはクリックしないように、ユーザーはもっと注意深くなっていてもいいはずだ。しかし、いまだにそうでない人々がいる」と続け、さらに「すべてのユーザーが安全なコンピュータ使用のためのガイドラインに従うよう心がけるべきである。また、PCに最新のウイルス定義ファイルが自動的にアップデートされているようにしなければならない」と述べた。

 この新しいSober亜種では、メッセージがドイツ語や英語で書かれている。またメールには、「Paris Hilton, pure!」「Paris Hilton SexVideos」といったさまざまな件名が付けられている。

 Sophosによると、最も感染が広がっているのは、2004年に現れた「Zafi.D」ウイルスで、過去24時間に報告された全ウイルスの27.6%を同ウイルスが占めるという。2位は「Harry Potter Netsky.P」ワームであり、同22.4%という結果だった。

 Hiltonは、インターネット現象ともなったホームビデオへの登場以後、一躍時の人となった。Sober.Kが発見された日には、Paris Hiltonの携帯端末に登録されていた情報が、インターネットで公開される事件が起きたとの報道もあった。

 また、同様の手口を使うより危険性の高い「Ahker.C」ワームも、今週発見された。このワームは、ウイルス対策ソフトウェアやファイアウォールの設定を無効にして、いくつかのウェブサイトへのアクセスをブロックする。こちらは、電子メールの件名が「Paris Hilton...download it!」となっており、ウイルスの入った「ParisXXX.zip」というファイルが添付されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化