MS、64ビット版Windowsを4月より提供開始へ

Michael Kanellos and Ina Fried(CNET News.com) 2005年03月02日 18時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--Microsoftが、待望の64ビット版Windowsを4月から提供開始することを明らかにした。

 Windows責任者のJim Allchinは、Intel Developer Forumで講演を行い、64ビット版Windowsのデスクトップバージョンは4月初旬に、サーババージョンは4月末に登場すると述べた。

 「われわれは64ビット版Windowsの準備に真剣に取り組んでいる」とAllchinは述べた。また同氏は、講演に来場した開発者に対して、向上したプロセッサの処理能力を有効活用すべく、アプリケーションを修正するように呼びかけた。

 Microsoftは2月に、64ビット版Windowsの2度目の製品候補版をリリースしている。同社はこれまで、6月末までに正式版をリリースすると述べてきた。

 Windows XPとWindows Server 2003の64ビット版を一番心待ちにしているのは、Advanced Micro Devices(AMD)だろう。AMDは、サーバ向けには約2年前から、デスクトップPC向けには18カ月前から64ビットプロセッサを提供している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR