リアルコム、社員の顔が見えるナレッジマネジメントの新版

別井貴志(CNET Japan編集部) 2005年03月30日 20時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リアルコムは3月30日、新製品の企業内電話帳「REALCOM KnowledgeMarket Know-Who アドレスブック V1.0」と、必要な情報を共有するナレッジマネジメントを実現するためのウェブアプリケーションの新版「REALCOM KnowledgeMarket EnterpriseSuite V3.1」を3月31日から出荷すると発表した。

 Know-Who アドレスブックは、所属や役職、電話番号、メールアドレスなどのユーザー情報のほか、顔写真もプロフィール画面に表示できる企業内電話帳で、1000ユーザーで利用する場合の税抜き価格は220万円する。企業が持つ既存の人事データを元に「誰がどんな人か」(Know-Who)というデータベースを構築し、部署や担当分や、専門性、各人のプロフィールなどをまとめた個人のウェブページが作成される。単純に個人のプロフィールを見たり、連絡先を探したりするだけではなく、IP電話やメッセンジャーと連携させることも可能だ。

 一方、KnowledgeMarket EnterpriseSuiteは、必要とするテーマの数だけ情報共有の場であるコミュニティを設置できるウェブアプリケーションで、1000ユーザーでフルモジュール利用の場合の税抜き価格は1510万円する。モジュールは、課題や疑問を共有してそれに対して回答できるユーザーとマッチングし、問題解決を支援する「Q&A」や、ユーザーが持つ情報や知識を集め、組織全体で共有する「ライブラリ」、チームでの共同作業の進行に必要な情報共有をサポートする「プロジェクト」などがある。

 先述の新製品であるKnow-Who アドレスブックは単体でも使えるが、KnowledgeMarket EnterpriseSuiteのモジュールとして使うことも可能だ。KnowledgeMarketを利用するユーザーが持つスキルや情報を自動で蓄積し、蓄積されたユーザー情報を専門性、貢献度などの指標で整理、公開できる。

 代表取締役の谷本 肇氏は「新製品も加わり、人を中心としたナレッジマネジメントソリューションを提供し、組織や個人が自律的、創造的に活動できるようにワークスタイルを変革させていきたい」と語った。ただし、ナレッジマネジメントシステムは導入しただけではなかなかユーザーが利用せずに、効果が発揮されないケースが少なくない。いかに企業の各ユーザーが積極的に質問したり、それに答えたりするコミュニケーションを活性化させるかが鍵を握る。この点については「そのため、製品を単に導入するだけではなく、コンサルティングサービスも行っている」(同代表)とし、質問に対する答えの有効さを評価したり、その評価に対するインセンティブを設けたりして活性化を図る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化