サダムフセインの「死亡写真」にご注意--新型ワーム広まる

Dawn Kawamoto(CNET News.com) 2005年02月04日 15時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイルス対策企業のSophosは米国時間3日、有名人をおとりに使った最新の事例で、Saddam Husseinの死亡時の写真をダシにした新種の大量メール送信型ワームが広がっていると警告した。

 Sophosによると、このBobax.Hワームは、拘留中に脱走を試みて射殺されたHusseinの写真があると触れ込んでいるという。

 「これはユーザーのPCをスパム工場に変える新種のウイルスだ。爆発的な規模にはまだなっていないが、着実に広まっている」と、Sophos上級セキュリティコンサルタントのGraham Cluleyは警告している。

 このワームはMicrosoftのLSASS脆弱性を悪用し、電子メール経由で広まる。LSASS脆弱性はSasserワームが記録的な速さで広まったときに悪用されたのと同じ欠陥だ。この脆弱性は10カ月前に報告され、すでにパッチもリリースされている。

 Sophosは勧告のなかで、Bobax.HはMicrosoft Windowsが動作するPCに影響するとしている。同ワームは電子メールの添付ファイルと見せかけ、ユーザーがこれを開くとPCに感染する。その後同ウイルスは、感染したPC上で見つけた他の電子メールアドレスや脆弱なコンピュータに向けて自己の複製の転送を試みる。Bobax-Hはまた、ウィルス対策ソフトやセキュリティ対策ソフトウェアを無効にしようとするほか、電子メールのリレーモジュールをインストールしてPCをスパム工場に変えようとする。

 Sophosによると、Bobax.Hを含む添付ファイルの名前はいくつかあり、また本文も何通りかの種類があるという。本文の一例を挙げると「脱走を試みてサダムフセインが射殺された。何枚か見つけた写真を添付したので見て欲しい」「ついにオサマビンラディンが捕まった。何枚か見つけた写真を添付したので見て欲しい」という具合だ。

 Cluelyによると、ウイルス作者は電子メールユーザーに悪意のある添付ファイルを開けさせるために、有名人をおとりに使うという。これまでにも、たとえばロシアの人気テニスプレーヤー、Anna Kournikovaの写真をおとりにした大量メール送信型ワームがあった。

 最新ニュースをうたい文句にする電子メールを受信するニュース好きのユーザーは、コンピュータを危険にさらすことなく情報や写真を入手するための手段を講じるべきだと、Cluleyは警告している。

 「今や、大勢のユーザーが最新ニュースを求めてインターネットを利用している。正体不明の添付を開くよりは、CNNやBBCのような定評のあるニュースサイトへ行くのが賢明だ」(Cluley)。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化