ジュニパー、IPテレフォニー関連機器メーカーを買収

Marguerite Reardon(CNET News.com) 2005年03月31日 00時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Juniper Networksは米国時間29日、Kagoor Networksという新興企業を6750万ドルの現金で買収する計画を発表した。同社はこれにより通信事業者向けの製品ポートフォリオ拡充を図る。

 ネットワーク機器最大手のCisco Systemsに対抗するJuniperでは、Kagoor買収で得た技術を使って、電話システムの構築に従来の電話技術ではなくIPベースの技術を利用しようと考える電話会社に、Kagoorの通信機器を販売することになる。

 KagoorのVoiceFlow製品は、セッション・ボーダ・コントローラ(Session Border Controller:SBC)として知られる新しいカテゴリの技術に分類される。この装置は、電話会社が音声トラフィックを従来のシステムから、VoIPソフトを使った新しいネットワークへと移行するにつれて、次世代通信ネットワークの実現に不可欠な要素になると見られている。このIPネットワークへの移行により、Verizon CommunicationsやSBC Communicationsのような通信キャリアは自社のネットワークを統合し、電子メール、ウェブ、音声通話など、すべてのトラフィックを1本のネットワーク回線で処理できるようになる。

 だが、音声トラフィックをIPベースのネットワークに移行すれば問題が生じる場合もある。たとえば、ウイルスやワームから企業ネットワークを守るファイアウォールは、音声処理のプロトコルを認識できない。その結果、ファイアウォールは外部ネットワークから受信したVoIPトラフィックを社内ネットワークへ流すことができない。

 また、VoIPのトラフィックは、NAT(Network Address Translation)を使ってIPアドレスの数を節約している企業にとってやっかいな存在だ。NATとは、外部向けには1つのアドレスを用いることで、企業の保有するIPアドレスを節約する仕組みで、この方法を使えば企業内のすべてのコンピュータが個別のIPアドレスを持たなくてもデータを受け取れるようになる。ただし、このようなシステムは一般的にVoIPの通話をどのようにルーティングさせるかを判断することができない。

 SBC機器は、現在KagoorやAcme Packet、Jasomi Networks、Netrake、NexTone Communications、Sonus Networksなどが開発しているが、こうした機器を導入すれば、上記の問題は解決される。SBCは電話会社のネットワーク内に配置され、企業ユーザーとサービスプロバイダとの間でIPトラフィックの受け渡しの管理を行い、ファイアウォールやNATが使えるようにする。SBCはまた、異なるサービスプロバイダ間でのIPトラフィックの処理にも使われている。

 Kagoorの製品は、全世界で100社以上の通信事業者が導入しており、その多くはJuniper製のIPルータを利用していると、Juniperでは説明している。両社はまた、Lucent Technologies、Siemens、NECといった複数の戦略パートナーを抱えている。昨年、LucentはKagoorの製品の再販を始めており、Siemensではベンチャーキャピタル投資で4000万ドルの資本をKagoorに提供している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化