RSAセキュリティ、16gの軽量ワンタイムパスワード生成トークンを発売

エースラッシュ 2005年04月11日 20時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 RSAセキュリティは4月11日、ワンタイムパスワード生成トークン「RSA SecurID 700」を発売した。

 このプロモーションは、同社のワンタイムパスワード製品を活用して情報保護の強化を促進することを目的としており、毎月「RSA SecurID」シリーズの新製品を発表し、キャンペーンパックの販売を行う。その第一弾が「RSA SecurID 700」だ。

 従来製品から約35%軽量化された16gのトークンで、ネックストラップなどにかけての携行が容易であるというのが特徴。1分間に1回、6桁の数字をランダムに表示し、4桁の暗証番号と一緒にパスワードとして使用することができる。使用期間は2年版から5年版まで、1年刻みに4種類が用意されている。

 今回提供されるキャンペーンパックは、トークンと認証サーバにトレーニングを含んだもので、25ユーザーパック/50ユーザーパック/100ユーザーパックの3種類。通常価格から最大で69%の割引がされている。キャンペーン価格は、25ユーザーパックが39万8000円、50ユーザーパックが59万8000円、100ユーザーパックが99万8000円となっており、別途年間保守料が必要となる。

 キャンペーンは新規ユーザーを対象として6月20日まで行われる。従来からのユーザーが追加導入などをする場合、価格および価格体系は従来製品と同じになる。

RSAセキュリティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR