日本セキュアジェネレーション、照合速度1000人/秒の指紋認証装置

エースラッシュ 2005年04月12日 17時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本セキュアジェネレーションは4月12日、毎秒1000人の照合が可能な組み込み型指紋認証装置「FDA02 V2」を、同日に発売すると発表した。

 今回発売される「FDA02 V2」は、ID入力を行わない場合の照合速度を従来の230人/秒から1000人/秒と、約500%の高速化を実現。認証スピードの問題によって実質的に運用が制約されていた「指紋のみの認証」という需要に対して応えられる。また、指の状態から自動的にセンサーを調整して質の高い画像を取得できる「Smart Capture」機能の強化により、乾燥指や多湿指にも強い耐性を発揮する。

 さらに、本年3月に販売が開始された指紋認証開発キット「FDx SDK」を使用すると、入退出管理等のシステムとPC系のシステムとの間で指紋データを共有することが可能になる。これにより、指紋情報の一元管理および共有利用が可能となり、入退出管理、勤怠管理、Windowsログオン等といった幅広い分野でのトータルセキュリティを容易に構築できるようになる。

日本セキュアジェネレーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR