公共の場は、もはやプライベートな空間ではないのか

Ed Gottsman 2005年04月19日 22時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dave Matthews Bandのツアーバスの運転手が、シカゴ川をクルーズしていた遊覧船のオープンデッキに向かって浄化槽の中の排泄物を投棄したとして、有罪判決を受けた。このとき遊覧船には100名の乗客がいたという。この運転手は何も、遊覧船を目がけて排泄物を投棄したわけではない。川に捨てようとしただけだ。最初、運転手は無罪を主張したが、周囲のビルに設置された監視カメラのテープに、この運転手の行動を撮った場面が残っていた。同バンドはFriends of the Chicago RiverとChicago Park Districtにそれぞれ5万ドルを寄付することで、事態の沈静化を図った。

 何でこのような話題に、このブログで触れる必要があるのか。

 皮肉にも、われわれのような大都市の住人は公共の場にいるとき、自分の匿名性が守られていると思い込んでいる。周囲ではたくさんの人が、行ったり来たりしているというのに(これこそ「孤独な群衆」シンドロームだ)。しかし、人々がこんなぜいたくを享受できなくなるのも、時間の問題だ(この世知辛い世の中で、これをぜいたくと言うのかどうかは分からないが)。例えば、New York Civil Liberties Union(NYCLU)は、マンハッタンの街を監視するために何千台もの監視カメラをあちらこちらに設置し、監視カメラ地図をウェブで公開している。

 米国はもはや、国家権力を発動して、Scary Surveillance Network(恐ろしい監視ネットワーク)なるものを構築する必要はない。こうしたネットワークがすでにできあがっているからだ。しかもその大部分は民間の資金でつくられたものだ。規制当局がこのネットワークを利用したいと思ったら、やるべきことはただ1つ。しかるべき時に撮られた、しかるべきテープの引き渡しを要求するだけでいい。それなりの精度の顔面認識ソフトウェアを使って、規制当局はいつの日か、あなたの情報を運転免許証データベースから見つけ出すことだろう。さらに、カメラ付き携帯電話がこれだけ普及しているのだから、近くに居合わせた人間が写真を使って、さまざまな事柄を通報するようになるだろう。そう、公共の場には、もはや以前のようなプライバシーはなくなってしまったのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR