公共の場は、もはやプライベートな空間ではないのか

Ed Gottsman 2005年04月19日 22時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dave Matthews Bandのツアーバスの運転手が、シカゴ川をクルーズしていた遊覧船のオープンデッキに向かって浄化槽の中の排泄物を投棄したとして、有罪判決を受けた。このとき遊覧船には100名の乗客がいたという。この運転手は何も、遊覧船を目がけて排泄物を投棄したわけではない。川に捨てようとしただけだ。最初、運転手は無罪を主張したが、周囲のビルに設置された監視カメラのテープに、この運転手の行動を撮った場面が残っていた。同バンドはFriends of the Chicago RiverとChicago Park Districtにそれぞれ5万ドルを寄付することで、事態の沈静化を図った。

 何でこのような話題に、このブログで触れる必要があるのか。

 皮肉にも、われわれのような大都市の住人は公共の場にいるとき、自分の匿名性が守られていると思い込んでいる。周囲ではたくさんの人が、行ったり来たりしているというのに(これこそ「孤独な群衆」シンドロームだ)。しかし、人々がこんなぜいたくを享受できなくなるのも、時間の問題だ(この世知辛い世の中で、これをぜいたくと言うのかどうかは分からないが)。例えば、New York Civil Liberties Union(NYCLU)は、マンハッタンの街を監視するために何千台もの監視カメラをあちらこちらに設置し、監視カメラ地図をウェブで公開している。

 米国はもはや、国家権力を発動して、Scary Surveillance Network(恐ろしい監視ネットワーク)なるものを構築する必要はない。こうしたネットワークがすでにできあがっているからだ。しかもその大部分は民間の資金でつくられたものだ。規制当局がこのネットワークを利用したいと思ったら、やるべきことはただ1つ。しかるべき時に撮られた、しかるべきテープの引き渡しを要求するだけでいい。それなりの精度の顔面認識ソフトウェアを使って、規制当局はいつの日か、あなたの情報を運転免許証データベースから見つけ出すことだろう。さらに、カメラ付き携帯電話がこれだけ普及しているのだから、近くに居合わせた人間が写真を使って、さまざまな事柄を通報するようになるだろう。そう、公共の場には、もはや以前のようなプライバシーはなくなってしまったのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化