模倣の域を超えるアップルとマイクロソフトのOS対決

Ina Fried(CNET News.com) 2005年04月20日 11時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回ファイルを保存した場所がどこか分かるだろうか?

 MicrosoftとApple Computerは、それぞれこの問いかけに対する答えが「ノー」であると考えている。そのため、両社の最新OSには、不思議なほどよく似通った検索ツールが搭載されている。

 まだ開発途中のWindowsの次期バージョン「Longhorn」と、そしてまもなくリリースされるMac OS Xの新バージョン「Tiger」では、ユーザーはファイルの保存場所を覚えておく必要がなくなる。どちらのOSにも検索ウインドウが用意され、ファイルの作成者、ファイル名、文書内の語句など、覚えていることをそこに入力するだけでよい。そして、ユーザーが1文字入力すると結果が瞬時に表示され始め、入力した文字が増えるにつれて検索結果が絞り込まれていく。

 Jupiter ResearchアナリストのMichael Gartenbergは、「情報量が多いと、20年前からある昔ながらのデスクトップメタファーでは対応しきれない。両社がこの点を理解しているのは明らかだ」と語っている。

 この検索機能のほかにも、LonghornとTigerにはいくつかの類似点が存在する。このことから、両社の見解が一致しているのはこの検索機能だけではないことがわかる。

 Microsoftは先ごろ報道陣にLonghornを先行公開したが、この際に同社が新OSのデスクトップにコンポジットグラフィックスを導入することが明らかになった。これは、AppleがMac OS Xのデビュー以来搭載している機能だ。その結果、Longhornのウインドウは透過表示が可能となり、下に表示される他のウインドウやデスクトップの中身が透けて見えるようになる。

 「ビデオを重ねて表示させたり、半透明にすることも可能だ」とWindows部門の責任者であるJim Allchinは述べている。

 新技術の応用例の1つは、ウインドウが最大化もしくは最小化される時の動きで、ちょうどMac OS XのウインドウがDockに格納されるときの「ジニーエフェクト」と同じような動き方をする。

 さらに、MicrosoftはLonghornでアイコンを見直すことを計画している。Longhornのアイコンは、ファイルの種類を示す決まった絵柄ではなく、文書の先頭のページを縮小したイメージになる。現在のMac OSは PDFなど一部のファイルについてはプレビューペインでこうした機能を実現している。しかし、現行のMac OS Xの場合は、Microsoftが提案するものほど徹底した形でこの機能が実装されているわけではない。

優れたOSを求めて

 ウェブ検索がインターネット上にある情報を探しやすくしたのと同じようなやり方で、コンピュータのハードディスク内部にある情報を検索する効果的な機能を求める声が上がっていたが、AppleとMicrosoftはともにこうしたシステムを求める声に応えようとしている。これまでデスクトップ検索に対するニーズに応えていたのは、Google、Yahoo、MicrosoftのMSNなどが用意するWindows用プログラムだった。

 両社とも、以前から検索を最優先事項としてきたが、それぞれのアプローチには類似点が多い。LonghornとTigerでは、いずれもウインドウの右上に虫眼鏡のアイコンが付いた検索ボックスが配置されている。また、Tigerでは検索結果を「スマートフォルダ」に保存することができるが、Longhornでも「仮想フォルダ」(仮称)という同様が機能が実現されている。

 Allchinによると、MicrosoftはLonghornに、AppleがTigerで実現したものよりもさらに先を行く機能を搭載するという。

 「AppleはTigerのさまざまな場所に検索機能を付けており、その点でTigerは良くできているが、しかし(Longhornには)もっと多くの機能がある。たとえば、データをさまざまな切り口から検索でき、Tigerよりも鮮やかに視覚化できるようになる」(Allchin)

 さらに、両社は検索機能を出発点にしたい考えで、開発者がそれに機能を追加できるようにするという。TigerとLonghornでは、開発者はさまざまなタイプのデータを検索対象にすることができるようになる。また、AppleのMac OS Xマーケティング担当シニアディレクターKen Bereskinによると、AppleはSpotlightのコードを開発者に公開し、各社がこの検索機能をアプリケーションに直接追加できるようにしているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化