IBMら大手4社、OASISの標準と対立する新たなWebサービス仕様を提案

Martin LaMonica (CNET News.com) 2005年04月21日 21時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBM、Microsoft、Tibco Software、BEA Systemsの4社は米国時間19日、「WS-ReliableMessaging(WS-RM)」と呼ばれるXMLの技術仕様を標準化団体のOASIS(Organization for the Advancement of Structured Information Standards)に提出した。4社はWS-RM標準を利用料なしで使えるものにする考えだ。

 上記4社では、提出した仕様をたたき台に業界標準を策定することを提案している。4社によると、WS-RMが製品に組み込まれれば、それによって異なるベンダーのソフトウェア間で、確実にデータを交換するための方法ができるという。こうした方法の確立は、Webサービスを大々的に普及させるにあたって必要とされる重要な事柄だ。

 4社はまた、OASISに対して技術委員会を設立し、この提案を検討することを求めている。

 OASISの内部にはすでに同様の技術の策定に取り組む技術委員会が存在しており、過去2年間にわたって活動を続けて生きていることから、4社の取り組みは障害に突き当たることが予想される。この「WS-Reliability」と呼ばれる仕様は、XMLデータを確実に送信させるために考えられたもので、昨年正式にOASISの標準となっている。

 IBMなどの4社は、WS-Reliability標準の策定に取り組む個人や企業からの支持を得たいと考えていると、IBMのDiane Jordan(新興インターネットソフトウェア標準担当プログラムマネージャ)は説明する。

 「われわれはWS Reliability仕様を理解しており、OASISで仕様策定に携わった人々が単一の解決策に関心を示している。それはわれわれも同じで、同技術委員会の支持は大いに歓迎する」(Jordan)

 WS-RMは何年にもわたって開発が続いており、相互運用性に関する数多くのテストがすでに行われている。

 「仕様の中身だけでなく、そのプロセスについても異なるアプローチをとるベンダーのグループが2つ存在する」とJordanは述べている。

 OASISでWS-Reliabilityを担当する技術委員会の関係者は、WS-ReliableMessaging仕様の起草者らと共同で作業していければと述べている。

 「われわれはWS-Reliability仕様が十分に適切であり、その目的を達成できていると感じているものの、これらの基本的なプロトコル標準について業界が1つにまとめることは、われわれの顧客ならびに業界全体にとってメリットがある」と、日立幹部のRobert Freundは述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化