IBM、1万人規模のリストラを発表--2006年には10億ドルのコスト削減へ

Martin LaMonica(CNET News.com) 2005年05月06日 10時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間5日、同社が実施するリストラにより、今年度に最大で5億ドルを、そして2006年にはその2倍のコストを削減できると想定していることを明らかにした。

 同社は4日、全従業員の約4%に相当する1万〜1万3000人の人員削減と、欧州事業を合理化する計画を発表した。これに伴い、同社は13億〜17億ドルの損失を計上する。

 同社最高財務責任者(CFO)のMark Loughridgeは、5日に行われた電話会議のなかでこの計画の詳細を説明し、「さらに競争力のあるコスト構造」が実現すると述べた。

 Loughridgeによると、人員削減の大半は欧州で実施され、IBMのGlobal Services部門が中心になるという。

 IBMでは、先ごろ発表した第1四半期決算が期待はずれな結果に終わったことから、大規模なリストラが予想されていた。第1四半期には、フランス、ドイツ、イタリア、英国で業績が低迷していた。

 IBMはコスト削減に向け、西欧からよりコストの安い地域へと複数の拠点を移す。同社はまた、職務の重複やサポートサービスコストの削減に向け、職能の「標準化」も目指すことになると、Loughridgeは述べた。

 IBMは、欧州では希望退職を募って従業員数の削減を進める計画だが、米国では強制解雇も実施することになる。同社はすでに欧州の労働組合と交渉を開始している。

 「特に西欧など一部の国で市場の状況が芳しくなく、さらに自然な離職者も少ないことから、余剰人員が発生し、市場の需要とスキルの間にズレが生じていた」(Loughridge)

 今回の人員削減は、サービス契約の利益率改善を目指すGlobal Servicesの組織改革に向けた取り組みの一環。Global Servicesは、960億ドルというIBMの売上高のほぼ半分を稼ぎ出している。

 Loughridgeはまた、IBMによる欧州での経営構造の見直しについても言及した。同社は経営幹部の階層を減らし、意志決定の迅速化と手続きの簡略化を実現していく。

 IBMは「顧客と直接かかわる」営業の社員はそのまま残すため、組織再編による売上面での混乱は予想していないとLoughridgeは述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化