マイクロソフト、米でWinXP Proの違法コピー利用者に正規版を提供

Ina Fried(CNET News.com) 2005年05月06日 15時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが、違法コピー対策キャンペーンの一環として、利用中のWindows XP Professionalが偽物であると判断された一部のユーザーに、正規版を無償で提供する実験を始めた。

 Microsoftでは、昨年9月に開始したWindows Genuine Advantageプログラムに、その後もさまざまな違法コピー対策を追加してきているが、今回の動きはその最新例となる。このプログラムは、ユーザーの利用するWindowsが正規にライセンスを取得したものかどうかを確認するもので、Windowsの有料利用者数増大を目指す同社のキャンペーンの要となっている。

 この取り組みは当初は完全に任意なものだったが、Microsoftはその後、同社からソフトウェアをダウンロードしたいと考えるより多くのユーザーに、この確認手続きを求めるようになっている。たとえば、3月には、Windowsの外国語パックをダウンロードしようとするユーザーに対し、先に手元のWindowsの認証作業を行うよう求めていくことを明らかにした。

 同社は米国時間4日から、使用中のWindows XP Professionalが違法コピーと判断された米国在住のユーザーに、無償で正規版を配布する選択肢も提供し始めた。この場合、ユーザーは偽造被害報告書に記入し、利用中のWindowsのディスクや購入を証明する領収書などと一緒に、Microsoftにそれを提出する必要がある。

 「われわれの目標は、偽造品であることに全く気付いていない被害者だけに、確実に無償提供を行うことだ」と、Genuine WindowsプログラムのディレクターDavid Lazarは述べている。

 ディスクも領収書もない場合でも、正規版をネットから149ドルで購入できる。この価格は、Windows XP Proの完全版より安いが、新しいPCと一緒にWindowsを購入するよりは高い。

 The NPD GroupのアナリストRoss Rubinは、「違法コピーの利用者に正規版を無償で提供することは、一見したところ自滅行為に思える」と語る。しかし同氏によると、これはMicrosoftにとって、正規版のソフトウェアのメリットを顧客に示し、将来彼らに正規版を購入させるチャンスになるという。さらに、これが違法コピー販売組織の主犯格を突き止めるのに役立つ可能性もある。

 「麻薬取締官が下っ端の売人を足掛かりに元締めを見つけだすのと同じで、MicrosoftはWindowsの違法コピーを扱う流通業者を突き止めようとしている可能性が高い」(Rubin)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化