マイクロソフト、BIソフトウェアの発売計画を発表

Alorie Gilbert (CNET News.com) 2005年05月10日 18時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間9日、販売や会計などのビジネスデータを詳細に分析するための新製品を発売する計画であることを発表した。

 MicrosoftのOffice Business Applications担当バイスプレジデントLewis Levinが報道陣に語ったところによると、同社は新製品(開発コード名:Maestro)を9月に発売する予定だという。現在、参加者数を限定して製品のテストを行っているところだという。

 LevinはMaestroについて、「われわれはビジネスインテリジェンス分野への投資を拡大しており、(同製品も)その一環である」と説明した。

 MicrosoftはMaestroプロジェクトを立ち上げる以前に、Reporting Services for SQL ServerとBusiness Scorecard Acceleratorという2つの無料製品でビジネスインテリジェンス(BI)ソフトウェア市場への進出を果たしている。同社はMaestroについてはライセンス料を徴収する予定だが、9日の会見では価格については触れなかった。

 Levinによると、MicrosoftはBIソフト市場の市場規模について、年間売上総額が30〜40億ドル程度と見ており、MaestroはBusiness Objects、Cognos、Hyperionといった業界のトップ企業の製品と競合するという。これらの企業が開発しているプログラムは、企業の売上や利益目標、返品、保証クレーム、割引水準といった目標の達成度合を表示し、企業経営者らに報告/警告を行う。

 Maestroを利用するには、データベースプログラムのSQL Serverや情報共有ツールのSharePointといった、いくつかのMicrosoft製アプリケーションを併用する必要がある。Levinによると、MaestroではSAP、Oracle、Siebel Systemsといった他社のビジネスシステムからデータを取り込むことも可能だという。

 Levinによると、Maestroは無料ソフトをベース開発されたが、もとのソフトと比較し、より多くのデータソースからデータを取り込めるようになっているという。また、設計やセットアップが容易になったほか、ユーザーにとっての利便性や双方向性が強化されるなど、いくつかの点で改良が加えられているという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化