富士通SSLがインターシステムズジャパンのDBMSをSIサービスに採用

エースラッシュ 2005年05月10日 19時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(以下富士通SSL)とインターシステムズジャパンは5月10日、両社がパートナ契約を行ったと発表した。

 富士通SSLは、インターシステムズジャパンが出荷するオブジェクトデータベース管理システム「CACHE」を自社のシステム開発に利用し、金融、製造、流通などの分野でのビジネスの拡大を狙う。

 CASHEの特徴は、単一のデータベース製品でありながら、オブジェクトデータベース、多次元データベース、SQLアクセスによるリレーショナルデータベースの3つの用途で使える点である。

 両社は今後、CACHEを基盤としたソリューションのラインアップを充実させ、積極的な提案活動を推進する予定だ。

インターシステムズジャパン

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR