日本IBM、企業のストレージ環境を単純化する新ミッドレンジ・ディスク製品

エースラッシュ 2005年05月11日 21時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは5月11日、ストレージ環境を単純化する「IBM TotalStorage DS4800」を発表した。出荷開始は6月17日の予定で、価格はコントローラのみで税抜き1118万2600円からとなっている。

 同社では「多くの企業のストレージ環境は機器の種類が豊富で管理作業が煩雑であり、ストレージに関わる作業の単純化と負担の軽減が望まれているが、これを実現するのがDS4800だ」としている。DS4800は、IBMミッドレンジ・ディスク製品群の最上位機種であり、各種UNIXやIAサーバーに対応し、最大67テラバイトまでの拡張性と4Gbpsファイバーチャネルに対応する高速性を兼ね備えた磁気ディスク製品だ。ファイバーチャネルディスクのみならず、シリアルATA(SATA)ディスクも利用できる。

 また、ストレージ仮想化製品「IBM TotalStorage SAN ボリューム・コントローラー(SVC)」と組み合わせると、さらに効率的にストレージ環境の単純化が可能だ。SVCはIBMを含む各社外付けディスク装置を管理でき、複数台の異なるディスク装置を1つのディスク装置として扱える。

 同社では6月30日までをキャンペーン期間とし、この期間にDS4800の購入契約または契約申し込みをしたユーザーに対して、要望に応じたSVCハードウェアを無償で提供する予定だ。

日本IBM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR