フィッシングやなりすましを防ぐ電子メール署名用の証明書「SureMail」

エースラッシュ 2005年05月16日 19時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビートラステッド・ジャパンは5月16日、電子メールを大量送信する企業を対象とした、電子メール署名用の電子証明書「SureMail」を提供開始した。価格は1年間有効で税込み7万8750円となっている。

 企業から配信されるメールを装ったフィッシング詐欺などが警戒される中、電子メールの送信元になりすますことを防止し、内容が改ざんされていないことを確認できるのが電子証明書だ。「SureMail」は、送信元の実在性を認証した上で発行される。各種汎用ブラウザや携帯電話等に搭載実績のあるパブリックルート証明書「OmniRoot」を保有、ほとんどのS/MIME対応メールソフトで利用できる。

 また同時に、電子メール受信者が「SureMail」の失効情報を簡単に確認できる検証サービス「SureValidator」と、電子メールへの電子署名をゲートウェイで行う「S/MIME eXchange」も提供される。

ビートラステッド・ジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR