Pentium 4のハイパースレッディング技術に抜け道--パスワード盗難のおそれ

Peter Judge (ZDNet UK) 2005年05月17日 09時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Pentium 4プロセッサに使用されているある技術を悪用して、攻撃者がキャッシュ内の「足跡」を読むことでパスワードを盗み出せてしまうおそれがあることが判明し、Intelではこの懸念の鎮静化に乗り出している。

 バンクーバー在住の博士課程に在籍する大学院生、Colin Percival(23歳)によると、IntelのPentium 4で導入されたハイパースレッディング技術には、保護された情報にハッカーがアクセスすることを許してしまうおそれがあるという。ハイパースレッディングは、1つのプロセッサ上で同時に2つのスレッドを実行し、ソフトウェアを高速に動かす技術。Percivalは、タイミングに基づく高度な攻撃方法を開発した。この方法では、2つのプロセスが同じキャッシュメモリにアクセスできることを利用している。

 オタワで開催された「BDSCan」カンファレンスでPercivalが発表した論文によると、この攻撃はサーバにスパイプロセスをインストールし、そのスパイプロセスとOpenSSL暗号化プロセスでL2キャッシュを共有させて行うという。このスパイプロセスは、特定のキャッシュ操作にかかる時間を監視し、他のプロセスが何をしているか(Percivalはこれを「キャッシュ内の足跡」と呼んでいる)を推測して、狙ったパスワードをクラックするための情報を収集する。

 Intelは3月にこの問題の報告を受けていた。同社では、この問題の危険性は非常に低いとしている。この攻撃は、すでに攻撃を受けていて、悪意を持つハッカーがスパイプロセスをインストールできるようになっているサーバでないと成功しない。ハッカーがこうしたサーバを手にしたとすれば、もっと簡単かつスピーディーにデータを盗み出す方法は他にも多数ある、とIntelの広報担当、Howard Highは述べている。

 またこの攻撃は、Intel製チップやハイパースレッディングチップに限らず、リソースを共有する他のプロセッサ全てに影響を及ぼす可能性がある、とIntelは指摘したが、Microsoft WindowsやLinuxオペレーティングシステム(OS)の今後のバージョンではこの問題が修正されるはずだとしている。

 Percivalはこの欠陥を2004年10月に発見して以来、FreeBSDをはじめとする他のOS開発者らとともにこの問題の危険性評価に取り組んでおり、彼のサイトにはさまざまな反応が寄せられている。SCOのUnixWareのようにハイパースレッディング非対応のOSや、同技術を使用しない設定にした場合は、この問題の影響を受けない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化