地銀3行が勘定系をWindowsに移行--UnisysのES7000を共同利用

日川佳三(編集部) 2005年05月20日 17時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 佐賀銀行(佐賀県)、十八銀行(長崎県)、筑邦銀行(福岡県)の地方銀行3行は2009年以降順次、勘定系システムをメインフレームからWindowsに切り替える。SIベンダーは日本ユニシスで、日本ユニシスの銀行勘定系パッケージ「BankVision」を採用する。3行の稼動時期は十八銀行が2009年1月、佐賀銀行が2009年5月、筑邦銀行が2010年1月以降を予定する。

 新たにBankVisionを使って稼動する勘定系システムは、日本ユニシスの共同運用センターに設置し、運用を日本ユニシスにアウトソースする。システム移行作業は、3行と日本ユニシスによる「三行システム移行協議会」が実施。日本ユニシスは会社組織に手を入れ、三行システム移行協議会向けの専任体制を編成する。

 3行がBankVisionを採用した理由は、今後の銀行業務の変化に可能な限り早く業務を対応させるため。メインフレームよりもWindowsの方が新しい技術を迅速に取り入れ易いという目論見がある。BankVisionは複数の銀行が利用するパッケージであるため、一から開発するよりも新たな金融商品や金融サービスを提供するスピードが速まるという利点もある。

 新システムの稼動環境は、サーバ機に日本ユニシスの「Unisys Enterprise Server ES7000」を使用。パーティショニングにより、複数の銀行が1台のES7000の筐体を共同で利用する。OSはWindows Server 2003 Datacenter Edition。データベース管理システムはSQL Server。

 3行のシステムが稼動する前に、2007年に百五銀行(三重県)がBankVisionを使ったシステムを稼動させる予定だ。今回の3行を加えて、日本ユニシスの地方銀行の勘定系システムのユーザーは10行になった。日本ユニシスは、3行と百五銀行を除く6銀行も、いずれメインフレームからBankVisionへ移行すると見ている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化