IDC調査:「無線LAN用チップの売上、2009年には約3倍に」

Dinesh C. Sharma(Special to CNET News.com) 2005年05月24日 14時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新たに公表された調査結果によると、ワイヤレス機器に対する消費者の関心が高いことから、無線LAN用半導体市場は今後も成長が続くという。

 市場調査会社IDCが米国時間23日に公表したこの調査結果によると、無線LAN用半導体の売上高は、昨年の12億ドルから2009年には30億ドルまで急増するという。この売り上げ増を年間平均成長率で見ると、21パーセントに相当する。IDCでは、無線LAN用半導体の出荷数が、2009年までに4億8700万個に達すると予想している。

 802.11無線技術を使用した部品販売の増加は、主として消費者向けの無線機器やモバイル機器の伸びと、デバイスの帯域幅や受信距離を拡張するMIMOなどの最新技術によると、IDCは説明している。MIMOは「multiple input、multiple output」の略称で、2つ以上のアンテナにより、2つ以上のデータストリームを同一チャンネル上で同時に送受信することが可能な技術だ。

 携帯機器では、ゲーム機、セットトップボックス、デジタルテレビ、そして携帯電話などで、無線ネットワーク機能を搭載するものが目立ってきている。

 これらのチップのメーカーでは、競合他社との差別化が新たな課題となっている。

 「競争が激化し、チップの統合が進むことで、無線LAN市場は低価格化の激しい圧力にさらされ続けるだろう」とIDCのCeleste Crystal(シニアリサーチアナリスト)は声明のなかで述べている。差別化の対象となる主な分野は、消費電力やインターネット通話機能などになるとCrystalは述べている。

 IDCは、2004年に最も多くの売上高を記録したWLAN用半導体メーカーがBroadcomだったと発表した。上位5社に含まれる残りの企業は、Atheros、Intel、Conexant/GlobespanVirata、そしてTexas Instruments(アルファベット順)となっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化