サイファートラスト、ゾンビPCからのトラフィックを追跡する新システムを発表

Joris Evers(CNET News.com) 2005年05月30日 13時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットセキュリティ企業のCipherTrustは米国時間26日、全世界に点在する、ハッキング攻撃を受けた「ゾンビPC」からのトラフィックを追跡する新システム「ZombieMeter」を発表した。

 CipherTrustが発表した文書によると、ZombieMeterは新たなゾンビPCの数を毎時間計測し、インターネット上のセキュリティ脅威の発見に役立つという。この製品は同社のウェブサイトから入手可能だ。

 ゾンビPCとは、ワームやウイルスに感染しており、外部者によってDoS(サービス拒否)攻撃や、スパム/フィッシングメールの送信などに利用されているPCを指す。これらのPCは一般に、インターネットにブロードバンド接続されており、こうしたな事態を防ぐためのセキュリティソフトが全くインストールされていない。

 CipherTrustは5月までに、1日当たり平均で17万2009台の新たなゾンビPCを発見してきた。同社によると、そのうちのおよそ26%は欧州連合諸国、20%は米国、15%は中国で発見されているという。世界中のコンピュータがハッキングの対象となり得るため、ゾンビPCの所在は日々変化する。

 米連邦取引委員会(FTC)の先週初めの発表によると、ゾンビPCの問題は深刻化しており、業界はさらなる対策を講じる必要があるという。FTCはOperation Spam Zombieプロジェクトを立ち上げ、ISPに対し、ゾンビPCの隔離とユーザーによるPCの浄化の支援を要請する計画だ。

 CipherTrustの最高技術責任者(CTO)Paul Judgeは発表した文書のなかで、同社は、カスタマーサイトでインストール可能なメールセキュリティのアプライアンス製品「IronMail」のデータを使って、ゾンビPCの活動、ウイルスパターン、フィッシング攻撃といった脅威を発見していると述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化