コムスクエア、Web改ざんやDos攻撃などを監視する犯罪対策支援ツール

WebBCN (BCN) 2005年06月16日 11時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コムスクエア(上嶌靖社長)は、サーバ・ネットワーク監視ツール「PATROLCLARICE」(パトロールクラリス)を開発、6月8日に日立ハイテクノロジーズ(桑田芳郎社長)を通じて発売した。

 Web改ざんやDos攻撃などの犯罪対策を支援する監視ツールで、改ざんや高負荷トラフィック、設定による脆弱性が発見されると、アラートにより管理者に通知する。これによりセキュリティサイクルであるPDCA(Plan−Do−Check−Action)のうち、Do(実施・運用)からCheck(解析・監査)までをカバーする。

 サーバ側にエージェントを入れずに監視する「エージェントレス機能」を搭載し、サーバの負荷減や既存ネットワークへのスムーズな導入を可能にする。また、カスタマイズ監視やURLの階層監視により、現状では難しかった状況での改ざん監視を実現している。料金は監視対象が5カ所(ポイント)で年間使用料9万8000円、同社は今後1年間で1万ポイントの販売を目指す。

コムスクエア

日立ハイテクノロジーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR