インテル、Wi-Fiチップ技術を拡張--単一チップであらゆる規格に対応

Dawn Kawamoto(CNET News.com) 2005年06月20日 13時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは米国時間17日、今後決定される仕様も含めたWi-Fi規格をすべてサポートするチップ技術を公開した。これにより、同社はワンチップであらゆる無線規格に対応するというビジョンの実現に1歩近付いたことになる。

 このワンチップ技術のプロトタイプは、現行の802.11aだけでなく、802.11nに盛り込まれる仕様要求も含んだWi?Fi規格をサポートする。同社では、さまざまな無線規格に対応する1つのチップを提供するという目標を掲げており、このCMOSによるダイレクト変換デュアルバンドトランシーバはその実現に向けたものだ。

 「このソリューションでは帯域幅が可変となっており、そのために性能が今日の20MHz〜100MHzを超えて拡張される。また、サポートされるデータ転送速度が100Mbpsに達するため、ユーザーは高画質のストリーミングビデオを複数同時に楽しむことが可能となる」とIntelのKrishnamurthy Soumyanath(コミュニケーション・サーキット・リサーチ・ラボ、ディレクター)は述べている。

 現行のデバイスでは、専用の無線信号を使って、無線LANや無線WANのような特定のネットワークに接続する。しかしIntelでは、デバイス1台ごとに無線チップを1個ずつ搭載するのではなく、いくつかの異なる無線信号に対応するチップを搭載したモバイル機器でWi-Fiネットワークにアクセスするようになると予想している。

 Intelは、日本で行われた「Symposium on VLSI」でこの技術を発表した。同社は、CMOS(Complementary Metal-Oxide Semiconductor)標準を中心にしてこの技術をつくり出した。

 Intelは、この技術をCMOS標準に結びつけることで、製造コストを低く抑えると同時に、チップを大量生産する能力を持てることになる。

 Intelは、同社のチップ技術をパッケージ化したシステムにバンドルし、省電力化とバッテリの駆動時間延長を実現している。このパッケージ化したシステムは、低コストでデバイスへ組み込めると同社は述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化