日本ストレージ・テクノロジー、最上位ディスク・コントローラー「FLX380」販売

エースラッシュ 2005年06月23日 18時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ストレージ・テクノロジーは6月23日、「FlexLine FLX380ストレージ・システム」(FLX380)と「SilkWorm 4100ファイバ・チャネル・スイッチ」(SilkWorm 4100)の販売を開始した。

 FLX380は、同社のオープンシステム向けディスク製品群「FlesLine 200/300」シリーズの最上位にあたるものだ。従来の1.2GB/秒のファイバ・チャネル接続とともに、4GB/秒の次世代ファイバ・チャネル接続をフルサポートしている。最大224台のファイバ・チャネルまたはSATAドライブをサポートし、GUIベースの管理インターフェースを提供する。

 SilkWorm 4100は4GB/秒をフルサポートするファイバ・チャネル・スイッチだ。ポート・オンデマンド機能をもつため、8ポート単位で16ポートから32ポートまで拡張が可能となっている。

 同社は今回発表の2製品を組み合わせて利用することで、投資効果の高いSANソリューションが実現できるとしている。価格はそれぞれ最小構成価格で、「FLX380」が1270万円より、「SilkWorm 4100」が348万円よりとなっている。

日本ストレージ・テクノロジー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?