マイクロソフトとトッパン・フォームズ、SI向けRFID教育/検証センターを開設

ニューズフロント 2005年06月27日 16時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトとトッパン・フォームズは6月27日、トッパンフォームズビル(東京都港区の汐留地区)に無線ICタグ(RFID)用の検証/教育/体験センター「RFID .NET Solution Center(RDSC)」を開設し、6月28日より運営を開始すると発表した。

 同センターは、RFID対応ソリューションの展示だけでなく、具体的な開発手法の学習、最新型サーバを活用した分散型ネットワークの検証、各種リーダーライターを使用したRFIDパフォーマンス検証などに利用できる複合型ソリューションセンターである。「システムインテグレーション(SI)企業の開発工数を減らし、エンドユーザーに対する提案内容の精度を向上させることで、SI企業のRFIDシステム構築を支援する」(両社)

 また、両社はRDSCの活動を補完するパートナー企業支援策「パートナープログラム」を7月より開始する。電子メールによる情報提供やRDSC認定パートナー制度などを通じ、パートナーとともにRFIDソリューション推進に取り組む。

マイクロソフトのプレスリリース

トッパン・フォームズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR