IBMとサンが関係修復--SolarisやJava関連で提携

Stephen Shankland(CNET News.com) 2005年06月28日 11時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--Sun MicrosystemsとIBMは米国時間27日、Sunの「Solaris」オペレーティングシステム(OS)およびJavaソフトウェアに関して提携したことを発表した。これは、SunがIT業界のライバル企業に対し、従来より穏健なアプローチを採ろうとしていることを示す動きといえる。

 Sunは、Solaris OSをIntel「Xeon」などのx86チップに対応させていく方針を打ち出しているが、IBMはこれに対し、同チップに対応するSolaris OS向けに、自社でJavaソフトウェアやデータベース、その他のサーバソフトウェアを開発する意向を明らかにして、Sunの取り組みを強力に支援することになった。IBMは、ごく初期からJavaをサポートしてきたパートナー企業の1つで、今回の提携ではSunとのライセンス期間を2016年まで延長している。

 両社の提携は、Sunが当地で開催中のJavaOneカンファレンスで発表された。

 「SunとIBMは、両社が緊張関係にあることで影響を受けていたユーザーを取り込むことに取り組んできた」と、SunのCOO(最高業務責任者)、Jonathan Schwartzは基調講演の中で語った。「Java開発コミュニティは活況を呈しており、オープンでだれでも参加できるというメッセージを市場に発信したい」」(Schwartz)

 IBMは今後、x86チップ対応のSolaris向けに、「WebSphere」Javaソフトウェアや「DB2」データベース、「Rational」開発ツールおよび「Tivoli」管理ツールをリリースしていく。IBMのSteve Mills(ソフトウェア部門シニアバイスプレジデント)は、同社はすでにSunの「Sparc」プロセッサ搭載コンピュータ上で稼働するSolarisをサポートしているが、x86チップ版の製品も顧客の要望に応じて開発することに決定したと声明の中で述べている。同社はまた、x86およびSparcチップに対応する、最新のSolarisバージョン10をサポートするという。

 Millsは、Javaに関連する提携はさらに拡大していく可能性があると、ビデオに収めた声明のなかで語った。「Javaが今後も技術インフラの重要な構成要素であり続け、世界のビジネスを活性化していくことを期待している」(Mills)

 RedMonkのアナリストJames Governorの分析では、IBMがJavaをサポートすることで最も影響を受けるのはMicrosoftだという。「どのようなものであれ、Java開発コミュニティの分裂を助長する動きは、Microsoftにとっては好ましい。Javaはこの10年間、Microsoftにとって目の上のたんこぶだった。今回、IBMとSunが手を組んだことは、Microsoftにとって今後10年間の課題となる」(Governor)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化