ヤフーやシスコなど、スパム対策技術「DKIM」の標準化に向けて仕様を提出

Joris Evers(CNET News.com) 2005年07月12日 15時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Cisco Systems、Yahoo、Sendmail、PGPの4社は先週末、偽造メールアドレスの特定に焦点を当てたスパム対策技術「DomainKeys Identified Mail (DKIM)」の標準化に向けて、その仕様を標準化団体のIETF(Internet Engineering Task Force)に提出した。

 Yahooの関係者が米国時間11日に明らかにしたところでは、IETFは、7月末にパリで開催する会議で同技術に関する意見交換を開始する見通しだという。

 DKIMは、公開キー暗号化技術を利用して、送信される電子メールにデジタル署名を付加し、そのメッセージが本当に送信元から送られてきたものかどうかを受信者が確認できるようにする技術で、本物のメッセージに印を付すことで、送信元のメールアドレスを詐称したスパムやフィッシングメールをより簡単に排除できるようにするというもの。この仕様は、YahooのDomainKeys技術およびCiscoのInternet Identified Mail技術という2つの提案を組み合わせてつくられた。

 「これは、われわれと電子メール認証分野にとって大きな節目となるものだ」と、Yahoo Mailのスパム対策プロダクトマネジャーMiles Libbeyは述べている。「IETFへの仕様提出には、電子メール認証の分野でビジネスを展開する多数のベンダーが参加している」と同氏は述べ、4社のほかにも、Alt-N Technologies、America Online(AOL)、EarthLink、IBM、Microsoft、VeriSignの各社がこれに参加していると説明した。

 ある技術を普及させるにあたり、それを標準化しておくことは重要だ。標準化されていない技術が、製品に実装されたり、ユーザーに採用される可能性は低い。Yahooの関係者によると、IETFは今後、DKIMの議論を進めるためにワーキンググループを設置することになりそうだという。

 この仕様では、電子メールドメインの所有者は、公開暗号キーと秘密暗号キーの組み合わせを作成することを求められる。公開キーはDNS(Domain Name System)レコードで公開され、一方秘密キーはDKIM対応のメールサーバに保管される。そして、送信されるメッセージにはすべて署名が付加されるが、この署名は電子メールヘッダに保存される。メッセージの受信側では、DKIMに対応するメールサーバがその署名を抜き出し、公開キーを使って署名が送信元のドメインで生成されたものかどうかを検証する仕組みになっている。

 今回の発表の翌日には、「Email Authentication Implementation Summit 2005」というイベントがニューヨークで開催される。このイベントでは、専門家らが電子メールのセキュリティ技術に関する説明を行い、その導入を呼びかけていく。

 同イベントで注目を集めそうなのは、Microsoftが中心になって支持している「Sender ID」という別の電子メールセキュリティ技術だ。同技術の仕様は現在標準化に向けた作業が進んでいる。

 Sender IDにはDKIMと似た目標がある。両者はともに、電子メールのセキュリティ機能や信頼性を向上させ、スパムやフィッシング、電子メール詐欺の横行を食い止めるために考えられている。2つの技術は併用が可能だとYahooでは説明している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化