NEC、異なるデータベース製品のデータを連携する「DataCoordinator」を発売

エースラッシュ 2005年07月14日 18時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは7月14日、種類の異なるデータベースに蓄積されたデータ同士をネットワーク経由で連携するソフト「DataCoordinator」を製品化、販売活動を開始した。

 同製品では、Oracle、SQL Server、PostgreSQLなど種類の異なるデータベースに蓄積したデータを連携して活用できる。たとえば商品販売データと、種類の異なるデータベース内の在庫情報データを連携させると、販売や在庫の状況を同一サーバ上で一元的に分析することとが可能になる。

 またGUIを用いて詳細なデータ加工なども行え、連携されたデータベースの障害状況などを一元管理することが可能だ。

 販売価格は管理用のサーバソフトが200万円から、各データベースに配置するエージェントソフトが140万円からとなっている。同社は、両製品合計で今後3年間に800ライセンスの販売を見込む。

NEC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!