セキュアード、遠隔地からサイボウズにアクセスできるUSBキーを発売

WebBCN (BCN) 2005年07月26日 10時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セキュアード・コミュニケーションズ(大河克好社長)は、ID双方向認証技術「SKIP9」を用いて、外出先から「サイボウズ office6」にアクセスすることのできるUSBキー「SKIP 9for サイボウズ」を7月29日に発売する。

 同製品は、ワンタイムID(一度だけ利用できるID)生成のアプリケーションと「SKIP9」の認証鍵をUSBメモリの中に格納している。USBをPCに挿入するだけでサイボウズoffice6に外出先のPCからログインすることが可能になると同時に、認証セキュリティの向上を実現している。認証キーとアプリケーションがUSB内に格納されているため、使用するPCを限定せず、USBキーの暗証番号機能を搭載しているため、紛失時の悪用を防げる。

 価格は初期設定費用が3万1500円。初年度のライセンス料金は5万400円(5ユーザー)から。

セキュアード・コミュニケーションズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!